1. TOP
  2. Blog
  3. Azuma-Dress Tokyo 2018人気衣裳 和装編

Blog

2018.12.26

Azuma-Dress Tokyo 2018人気衣裳 和装編


こんにちは。

Azuma-Dress Tokyo は今年も多くの花嫁様の晴れ姿を

さまざまなデザインの衣裳で彩ってまいりました!

その中でも特に人気の高かった5デザインをウェディングドレス・カクテルドレス・和装

それぞれにお伝えしてまいります。

シリーズの最終回は【和装編】です。







打掛名称:F135 聚彩の宴(ジュサイノ ウタゲ)

鮮やかな紅色に流れるような花々が織られた、花嫁様らしい可愛さが人気でした。









打掛名称:B587 茶屋辻

朱色に金銀白の糸で織られた伝統の茶屋辻文様。

東衣装店ならではの古典柄の色打掛も高い評価をいただいております。









打掛名称:F146 聚宝桜花文(ジュホウ オウカモン) 

落ち着いた色合いの中に織られた桜・鶴。和を象徴するモチーフが濃色に浮かびます。










打掛名称:F121 青海花々(セイガイ ハナバナ)

こちらも落ち着いた濃グリーン。大人の花嫁の魅力を引き出すリュクス感が人気の一点です。









打掛名称:F139 典雅花車文(テンガ ハナグルマモン)

明るいベージュ色に大きな花車が印象的な色打掛。

比較的広めの披露宴会場で人気がありました。





以上、Azuma-Dress Tokyo 2018人気衣裳でした。

プレ花嫁の皆さま、卒花嫁の皆さま、ブライダルにご関心のある皆さま

来年も宜しくお願い申しあげます。